ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」53号 2004年8月号


「元気でコロリン!」
動物脳では早く老いる

人生のクライマックス・・・

「人はなぜ、健康を追い求めるのだろうか?」。病気で苦しみたくないから・・・、できる限り長生きしたいから・・・、いつまでも若くありたいから・・・、というように理由もいろいろあるだろうし、また、人によってもそれぞれ違うと思うんですね。でも、おなじ死ぬにしてもガンのような大病をしたり、寝たきりになったりして死んでいきたくはない。寿命には限界があるとはわかっていても、最後まで元気でいて死ぬときにはコロッといきたい。誰でも、そう望むことに間違いはないんだろうと思います−むろん事故だとか、災害だとか、自殺というような不測の事態の話はまた別です。
 しかしながら、「なかなかそうは問屋が卸さない」のが“人の命の難しさ”ではないでしょうか。

 また私の父親の話で恐縮ですが、父親が銀行を辞めた後の半生は、平均寿命の80歳までは平穏無事にすごせるものと、家族全員、当然のことのように思っていました。でも、60歳にして突然のガン宣告。それから6年後に死亡しました。その状況を目のあたりにして私は、「こんな死に方は絶対にしたくない」と思うようになりました。
 父親なりに、喜びも悲しみもあっただろう。そして、たくさんの苦労もあったはずである。一生懸命に生きてきた人間が人生の途上で、どうしてこんな苦しみを背負いながら最後をとげなければならないのか−薬漬け、モルヒネ漬けで意識がもうろうとしていた父親には、そんなことは考えられなかっただろうが・・・。だからこそ余計に不憫に感じるんですね。この時の私は惨めな気持ちでいっぱいでした。
 

 人の一生というものを考えるときに、どういう人生の終わり方をするのかは、とても重要なことだと思います。なぜなら、それまでにどんなに幸福にすごしていようとも、その終わり方によっては全部不幸につながってしまう可能性もあるからです。つまり、その人の一生が最後の一瞬で印象づけられてしまう−例は適当じゃないかもしれないが、キリストの場合も人生のクライマックスは最後の十字架上のシーンでした。よく、「その人の幸、不幸は、棺桶に入ってからじゃないとわからない」と言われます。人生についても「終わりよければすべて良し」というのが当てはまるのかもしれません。

 父親がガンで入院し、母親と私と弟はその看病にあたり、そして父親は死んでいった。その人生の中の短期間の出来事が、残された私たち家族にとっては、ひじょうに強烈な印象として残っています。
 父親が、今わの際に私をわざわざベッドの側に呼び、「マサカズ、健康がなによりだぞ・・・」と、たどたどしく言ったことは十数年たった今でも私の耳を離れることはありません−その時、私の心では「何を言っているんだ、いまさら遅いよ!」と、涙が出ました。
 健康の大切さというものを身をもって教えてくれた、その意味においては父親の死は無駄ではなかったかもしれない。が、このことさえも父親自身がけっして望んだわけではないのです。
 父親が終末医療のために入院した病院に、私も会社の休みのすべてをあてて泊まり込みました。そこで90歳にもなろうかというご老人に出会った。いつも車がついたステンレス製の支柱に大きめのビニール袋をくっつけたものを手で転がしながら歩いている。
 カテーテルが見えるので、たぶん肝臓なんかの内臓系から直接排泄しているのだろうとすぐに理解した。それ以外は何の支障もなく歩く姿はひじょうに元気だった。そこで、「いつもお元気ですね」と声をかけたら、返ってきた答えは「オレは早く死にてえよ・・・」だった。もう入院して3年経つという。

 蛇足ですが、こんな経験をしたためか「病気になったら、なったで仕方がない」とか、「人生は太く短く」なんてカッコいいこと言って自分の不健康さを棚に上げるヤツというのは「何を言ってるんだ!」と、つい許せない気持ちになってしまう。病気というのは、つくづくそんな簡単なものじゃない。だから今、この仕事についているのかもしれません。

オーガニック料理で健康に?? 

 昨今では「ケンコウ、ケンコウ」と、健康が大合唱になっている。まさに空前の健康ブームです。だが、そんなもので本当に健康
になれるのか? 私からすれば、「何か間
違っていませんか」と言いたくなります。

今、日本人が死亡する原因の6割はガンや心臓病、脳卒中。その他の肝臓病や糖尿病等を加えた「生活習慣病」となればなんと8割に達します。つまり、大半は生活習慣病で死ぬんですね。
 そして、これほどの健康ブームでありながら、生活習慣病の死亡者数はちっとも減っていない。それどころかますます増加している。ガンだけをみても、肺、肝臓、すい臓等の難治ガン(ほとんど治せない)が急増していて、ガン全体の死亡者数も毎年数千人の規模で増加しています。
 多額の医療費を払い、健康業界を儲けさせて、それでいて病気はちっとも減らない!

 こう言ってはなんですが、世の中の人というのは、「物事の本質」を見抜くっていうのが結構苦手みたいですね。見てくれとか感覚的なもので判断しちゃう。そこでメーカー側も商売ですから、例えば、「○○麗茶」なんて如何にも煙に巻いたような名前をくっつけて、血糖値が下がるなんて宣伝して売ってしまう。それもトクホなんていうお墨付きをもらっているから、普通のお茶の5倍ぐらいのとんでもない値段を付けている。
 それを毎日飲んだら、お茶ごときで1ヶ月に1万円以上になるけれど、そんなもので糖尿病が治るわけないじゃないですか。知り合いのご婦人(血糖値が高い)がスーパーで、このお茶を買うか迷っているところに出会ったから、「やめた方がいいですよ。私も健康関連の協会に入っていて、トクホの認可のことも知っているけど問題ですね」と忠告した。

 それに油までトクホ、エコ油ですか? 中性脂肪がつきにくくなるっていうんで、あるご婦人は「この油は太らないからどしどし使っています」って、冗談じゃない! 油は油。多少はマシってぐらいなもので、多く使えばちゃんと脂肪になります。この油も何倍もの値段で売ってるんですね。

 先日久しぶりに、銀座に娘と映画ハリーポッターを見に行きました。その帰りに、れいの(健康食品会社)ファンケルのビルでオーガニック料理をやっているというので「一度食べてみよう」になって夕食代わりに寄ってみた。で、メニューを見たらどれもかなり高いんですね。
 出てきたものは皿に、ほんのお情けていどにのった野菜の揚げ物やサラダとか。オーガニックは、ようは有機という意味で“有機農産物の料理”ですよね。確かに一つひとつの野菜はパリパリして美味しい感じ(でも、新藤さんのお母さんの作った野菜の方が断然美味しいですよ!)。まわりの人達を見ていると、それをいかにも健康料理っていう感じで、粛々(しゅくしゅく)と食べている。でもね、これで健康になれるっていうんですか? 私は、こんな高い料理を毎日食べてられませんね。普通だったらそうじゃないですか。何ヶ月に1回も食べられない。
 私が言う健康というのは、毎日のことがとても大切なんです。こんな気休めのようなものは本当に馬鹿げている。娘とも話しましたけれど、他でもっと安くて美味しいものを食べた方がよっぽどマシ。
二度とこんなとこ
ろには来まいに
なりました。


今の時代、ますます〈動物脳〉
が増えている!?
 なぜ世の中の人に本当の意味での健康が手に入らないのだろうか? そう考えることがあります。こう申し上げると「私は健康ですよ!」って言う人がけっこういるんですね。でも、ウッソでしょう〜。じゃ、どうして8割もの人が生活習慣病で死ぬの?! こんど私の前でエラそうなことを言う人には、健康診断書を持ってきてもらうことにします。全てのデータに異常はないですね? いつも薬は飲んでいませんね? と。
 本当の意味での健康とは、「生活習慣病にならずに、元気に寿命をまっとうできて、最後にはコロッといける」。そうなれる健康が手に入っているか、ということです。つまり、生活習慣病にかかったり、死んだりしたのでは、本当の意味での健康ではなかったということになる。あらためて、どんな病気が生活習慣病に入るのかを示しておきますね。

 人というのは、自分の健康に関しては“楽観的”に考えたい。で、病気すると、こんどはやけに悲観的になっちゃう。なにも悲観的になれとは言わないけれど、“物事の本質”を理解して、感覚的だけじゃない健康が本当に手に入っているか、ということなんです。

 では健康にかかわる「物事の本質」ってなんだろうか? になりますね。これには今回〈動物脳〉ということを取り上げたいと思うんです。えっ、むずかしそうですか? でも大丈夫! そんなむずかしい話にはならないですから。とにかく聞いてみてください。

 結論から言えば、〈動物脳〉の人は老化が早くて、生活習慣病にもかかりやすい、ということなんです。ですから、この〈動物脳〉を〈人間脳〉に変えなければいけません−今の時代、ますます〈動物脳〉の人が増えているように思います。飽くなき欲望の発生源というのは、実は〈動物脳〉だからです。
 人間も動物の一種には違いないのですが、他の動物とは根本的に異なるところがあります。それは「脳の構造」です。
 近年、人間とチンパンジーのDNA(遺伝子)を比較した研究では、1%程度の違いしかなく、ほとんど同じだということが話題になりました。要は“人間もサルも”体の構造上はたいした違いはない、ということです。ほ乳類から進化して、その最も近い祖先はサルだとされていますから不思議はないですね。


 でも、さらに最新の研究結果が出されました。それは、人間はチンパンジーをはじめとしたサルの仲間とは、内臓や血液の遺伝子は確かに似ているが、“脳の遺伝子”だけは違う、というものです。とくに、「遺伝子活性のパターンを加速する人間の脳は特別である」と報告しています(何と、医学用語というのはむずかしい言い方をしますね・・・)。ようは、これほど脳を進化させられるのは人間しかいないということですね−人間の脳の中心には、人間がまだ動物時代から持っていた大脳辺縁系と言われる古い脳で、本能をつかさどる〈動物脳〉があります。さらに、その外側を覆う新しい脳は大脳新皮質とよばれ、人間だけが(他の動物と比較しても)特に異常な発達をとげています。これが〈人間脳〉です。人間の場合は、この〈動物脳〉と〈人間脳〉の働きの関係がものすごく重要になってきます。


 ところで、このような脳の特徴が、「健康や寿命」に対してもかなり関係してくるのです。

 たとえば、人間に最もちかいチンパンジーの寿命は、子供ができなくなったメスの閉経時期とほぼ同じで、長くても40歳〜50歳ぐらいです。つまり閉経年齢については人間とそれほど変わらないんですね。
 動物を含めたすべての生物の最大の目的は「種の保存」、すなわち遺伝子を残すことだとされています。ですから、子供がつくれなくなった(遺伝子を残せなくなった)時点で用済みになってしまいます。

 ところが人間は、子供がつくれなくなっても、さらにその2倍の80年以上もの期間を生きることができます。
 それはどうしてでしょうか? 人間というのは単に遺伝子を残すだけでなく、「文化」というものを次の世代に伝承しなければならない重要な役割を担っているからです。それによって人類をここまで発展させてきました。
 この場合の文化とは、芸術やスポーツだけでなく、食文化や生活習慣、伝統など、幅広くさまざまなものを含みます。教育と学習によって世代を越えて受け継がれていくもの−それが文化です。遺伝子じゃなく、脳が自分たちの「子孫」を残すと言いかえることができます。
 そして、〈人間脳〉の最大の特徴は老化がないということです。なぜならこの脳は〈動物脳〉とはまったく違い、「文化」を伝承することから、より多くの勉強や経験が必要となり、年齢に関係なく(高齢になって体が衰えようとも)生涯発達し続けていかなければならないからです。これは科学的にも研究されていることです。
「子供を産まない女性には価値がない」というような発言をして問題になった首相がいました。それは、このような〈人間脳〉の重要な役割を理解していないからなのでしょう。子供を産むことだけが人間の価値ではけっしてないんですね。

 もうおわかりいただけたたかもしれませんね。犬や猫を見ていると、どんなに長生きをしてもせいぜい15年程度。そして、老化が始まると見る間に衰えていきます。それは本能をつかさどる〈動物脳〉に従うだけだからです。自然のなすがままに老化して、そして死んでいきます。

人間は、若くも
老いることもできる!?
 でも人間は違います。60歳、70歳を過ぎて高齢の域に入っても若くて元気な人がいる。ぎゃくに、まだ年齢は若いのにやけに老けこんでしまう人もいますね。寿命も、私の父親のようにガンで70歳に満たないで死んでしまう人間もいれば、元気に百歳まで生きる人もいる。このように人間には個人差がかなりありますが、それには〈人間脳〉を使っているかどうかが、ひじょうに関係してくるのです。
 わがままとか、利己的な人というのは、自分のことしか考えません。すなわち〈動物脳〉に支配されている状態です。これでは他の動物となんら変わらないことになってしまう。当然老化も早く、病気にもなりやすくなってしまいます。たとえば、ガンの原因も老化がかなり関係しています−老化によって免疫力が低下してくれば、ガン細胞が増殖しや
すくなります。

 〈人間脳〉を使っている方の特徴というのがあります。物事に前向きで、いろいろなことに興味をもって勉強好き、人間づきあいも上手。つまり、文化的レベルが高いんですね。しかも、自分の中の〈動物脳〉をコントロールする術もよく知っています。なぜなら、〈人間脳〉によって〈動物脳〉をコントロールしないと、人間脳自体までも悪くなって、貪欲、強欲な人間になってしまうからです。食欲や性欲、権力欲などに際限がないというのも、人間に特徴的に見られることです。


 健康そっちのけで暴飲、暴食をしたり、ヘビースモーカーになったりするのも〈動物脳〉の支配が強いと言えます。肥満も、食欲のコントロールができない結果としておきる。ですから、肥満の解消には〈人間脳〉を回復させて、〈動物脳〉をうまくコントロールできるようにならないと根本的な解決にはなりません。一時的なダイエットをやっても、すぐにリバウンドしてしまうのもこのためです。

 ガンをはじめとした生活習慣病になるのも、自分の悪い生活習慣(や環境)の影響が大きいことが、いろいろな研究によって立証されています。すなわち予防には、生活習慣の改善が不可欠です。
 〈動物脳〉の人の場合は、こういった「物事の本質」が理解できないことが問題です。ですから生活習慣の改善もむずかしい。それでいて、あっちの健康器具がいいといっては手を出し、こっちの健康食品がいいとすすめられては高いお金で買ってしまう。これも「物事の本質」が理解できていない証拠です。
 病気で死ぬのが恐いのは誰でも同じことです。でも、それは〈動物脳〉から出ている本能的な反応にすぎません。〈人間脳〉で判断すれば、「正しい予防によって解決できる」ことがよくわかります−医者にかかろうと、薬や健康食品をいくら飲もうと、物事の本質から外れていては本当の意味での健康は手に入らないのです。

なぜ、継続できないか?

 最後に、こんなエピソードで今回の話を終
わりたいと思います。

 「歯のセミナー」に関係したことです。私の叔父がこのセミナーに参加しました。その叔父は工場の安全管理の責任者で、いかに事故が起きないようにするかが仕事です。つまり健康の場合でいえば、病気にならないように予防することです。
 そういう几帳面な仕事をしている関係からか、セミナーで教わったことをしっかりとやりました。もう半年以上にもなると思いますが、今では歯医者にいって「何の問題もない」と言われるまでになったようです。
 このことは、叔父の奥さんである叔母から聞きました。そして叔母は、「私も主人から教わったけどなかなか続けれらない。続けられるっていうのもその人の能力なのよね」と言うのです。これはけっこう示唆に富む言葉です。今まで各地の「歯のセミナー」で、計百人以上の方が参加しました。でも、その内の半数の方達は教わったことをやっていないか、止めてしまっているだろうと思います。こんな簡単なことでも続けられないんですね。
 でも、その結果はどうでしょうか? 毎日しっかりとやっている人は、これから何歳になっても自分の歯を守ることができるでしょう。一方のやらなかったり続かなかった人は、将来“総入れ歯”になってしまうことも覚悟しなければならないはずです。もっとも〈動物脳〉に支配されている人の場合は、将来は見通せないのだから今は関係ないのかもしれません。〈動物脳〉は何事につけても(動物と同様に)行き当たりばったりなんですね。

 将来を予測して行動する。ここに人間としての価値があります。なぜなら人間は、動物のようにただ単に、運命に身をまかせるのではなくて、自らの手で未来を切り開いていく能力があるからです。生活習慣病の予防についても同じです。毎日の正しい生活習慣を持つことで、先々の生活習慣病の危険を確実に回避できるのです。
 それには、飽くなき欲望の〈動物脳〉のままではダメです。飽くなき人間性(ヒューマニズム)を高めていく〈人間脳〉にしていかなければなりません。そのための努力が人間には不可欠なのです−生活習慣病がこれほど蔓延し増加している現代では、日々の予防に対する努力が欠かせません。後になって後悔しないようにしてください。
(2004.7.15 理学博士 永島昌和)

水・・『飲む量や飲み方』が大切>


飲まないから「夏バテ」になる−その予防法は?

「良い水飲んでいるから健康になれるか?」って・・・「なれません!」。
「えっ、なんだって? いつも、そらが言っていることとは違うじゃないか!」・・・だってあなた、生水2g以上を毎日飲んでる? なんて聞いたら、たいがいの人が「そんなに飲めるか!」って言うよね? でもね、今回あなたにぜひ知ってもらいたいのは、“水の質”も大切だけれど、「飲む量や飲み方」がもっと大切だっていうこと。
 たとえば、浄水器を付けた・・・「やれ電気分解式だ! 磁気水だ!」って言うけれど、そりゃ家の中でのことであって、外出した時はどうするの? 専業主婦のように家にいる人はまだいいよ(でも最近の専業主婦も家にいないか〜?)、浄水器担いで出かけられないでしょう!
 それに意識して水をたくさん飲む人っているのかな〜? 高い金出して浄水器買って、その水どんどん飲んでる? 飲んでないんじゃないの〜?

 そういえばこんなのもあるよ・・・最近はやりの
1g400円ぐらいするから、もったいないっていうんで1日にコップ2、3杯程度をちょびりちょびり、そんなんで健康が手に入るようだったら苦労しないよ〜(それでも月1万円ぐらいかかるのね)! そらが提案するようにかりに1日2g飲んだら、なんと月2万4千円? 健康のためだったら、そのぐらいかけなきゃあ〜、思い切って・・・と、冗談ですよ!こんなアホなはなし信じないようにね。

 ことしも例年より暑い! 熱中症や脳梗塞を起こす人が多いだろうな〜。水をちゃんと飲んでいたら確実に予防できるのにね! わかってない人が多いから・・・それに、へんな常識もまかり通っているしね。
 盛田会長(故、ソニー創業者)も“飲み水”への知識はなかったんだね・・・テニス中に脳梗塞起こして、それが原因で亡くなられた。「ちゃんと水飲んでいたら、そうはならなかったかもしれない」という専門家(スポーツ医学、女子栄養大学・工藤教授)もいる。運動中の水分補給は、絶対に!不可欠なのにね。

 だけど「オレは、ゴルフ中の水分補給はビールなんだ」と平気で言うような人が結構いるんだよな〜? 飲むと頻繁にもよおしてきません? のども渇くようになるしね。アルコールには利尿作用があるので・・・ビール500笈んだら、すぐに800汲フオシッコが出ていっちゃう。
 汗かいたうえに、ビールで水分奪われて血液濃度が急激に高くなる・・・それで心筋梗塞や脳梗塞が起きて突然死! なんていうのも結構あるんだよな。あなたなんかもっと危険じゃありません? ダブルスコアーで、他人の何倍もコースを走り回ったりして・・・いゃ、失言! じつは私のことなんですがね。
 ひとむかし前は「運動中に水を補給してはいけない」は常識だったけど、今では危険な非常識なんだよね。

 これもまたむかしの常識で今の非常識・・・
「トシとったら水分を控えめにする」というやつ。

「サンゴの力」

『老化とは乾燥と硬化』−年齢が高くなると、体の中の水分が減少するから皮膚が乾燥して固くなってシワになる−と日本赤十字看護大学の竹中教授は、水をたくさん摂ることを薦めている。“水々しい”のが“若々しい”っていうのは本当なんだ! トシとるほどを水をたくさん飲まなきゃ!

夏の水分不足はとくに危険! 高齢者はもともと体内の水分量が少ないうえに、脳にある口渇中枢(渇きの信号を送る)の働きが鈍くなってるから、ノドが渇いてから水を飲むんじゃ遅いんだね。 熱中症は、高齢者に断然多いから、水を多く飲むことを習慣づけないと・・・。
 それとついでに言っておくけれど・・・

肥満の人も同じだよ。普通の人より体内の水分量が少ないんだから、意識的にたくさん水を飲むようにしないとね・・・ダイエットにもなるしね。「水を飲むと太る」なんていうのは、まったくのウソ、迷信だからね!

 自販機のジュースで水分補給なんて絶対にダメ! 缶ジュース1本飲んだって水分はたった
の300拠度。その割にカロリーが高くて、ご飯一膳食べたのと同じぐらいになる!・・・ジュースばっかり飲んで、食事が入らなくて「夏バテ」の原因なんてバカげてるよ。添加物も多いんだし、いいことないじゃないの〜。
 携帯用のペットボトル(500ml)で水を持ち歩くぐらい常識と思って欲しいね。それじゃ量が足らないって?・・・だから「サンゴの力」があるんじゃないの! どこにいたってサンゴの水が作れるんだから、便利だよ〜。

水の役割って知ってる? 栄養を溶かして血液で運搬したり、体温を調節したり・・・その中で強調したいのが、体内の老廃物や毒物を排せつする作用なんだね。
 たとえば“糖尿の人”を例にすると、甘いオシッコが出てノドが渇く、というのがよくある症状でしょう。余った糖分を体内の水が引っぱり出すので、甘くて量も増えてしまうんだね。これを悪い兆候だと勘違いして水分を控えちゃう人がいるけど・・・とんでもない! 水を摂らなきゃよけいに悪化するよ。
 べつに糖尿の人じゃなくたって、乳酸や尿酸のような疲労物質なんかもオシッコや汗で常に排せつしているわけ・・・だから水を摂らないと疲れやすいし、血液も汚れてくるしね!

水が体内に入る速さってスゴイよ! 30秒後に血液に入って、1分後には脳や子宮なんかにも到達しちゃうんだから・・・皮膚組織にだって10分だよ! 
 だけど、これも信じられないようなことなんだけど、オシッコで出てくるのは1ヶ月後なんだよ! 60兆個ある細胞のひとつひとつに浸透して、そこから老廃物を引っぱり出してくれるんだね。体の中をきれいに浄化してくれるのがよ〜くわかるよ! 水を飲むのが嫌いだっていう人は、自分の体の中が汚れていても平気ってことなの?

子どもたちが喜んでいる!


サンゴのお水・ご愛用者の声


夏バテの原因は酸化だった<
     強力な助っ人は「珊瑚の恵」


汗と一緒に失われるミネラル
 今年は暑い! そうなると心配は「夏バテ」ですね。夏バテで、まず注意しなければならないのが「汗」による脱水症状。この場合には水分ばかりでなく、ミネラルやビタミンも奪われるので、よけいに「夏バテ」をひどくしてしまうのです。
 のどが渇くと、ついジュースなど甘い飲み物が欲しくなる。これではミネラルやビタミンの補給どころか、ぎゃくに奪われてしまいます。水分の補給には、できるかぎり清涼飲料水はやめて、ミネラルのたくさん入っている「サンゴの水」を飲むことがベスト。汗は体温を正常にする役割があるので、この水をこまめに飲むようにしてください。
 
だるくさせるのは??
 夏バテの、なんともだる〜い症状。この原因は、乳酸や尿酸などの疲労物質によって“体内が酸化”すること。「細胞をクタッとさせる」、「栄養の吸収を阻害する」などがあるからです。
 これを防ぐためには、体内を中和させて弱アルカリ性に保つ必要があります。このために重要な作用をしているのがカルシウムなどのミネラル。でも、汗をたくさんかく夏には、これらの栄養素がひどく奪われてしまい、それが夏バテの大きな原因になります。

疲労回復には・・・
 「疲労したな」と思った時には、まず「珊瑚の恵」を飲んでみて下さい。天然のミネラルで、短時間で体内の酸化を中和してくれます。
 「サンゴの力」と「珊瑚の恵」で、「夏バテがほとんどなかった!」などの、ご愛用者の声がたくさん寄せられています。
 その他にも「珊瑚の恵」には、ビタミンB群、ビタミンD、Kなどが配合されているために、ビタミンもバランス良く補給することができます。

珊瑚の恵の化石サンゴには、
36種類ものミネラルが!!
 化石サンゴは単なるカルシウムじゃない! 最高品質の「天然マルチミネラル」です。
 人間の体には、カルシウム、マグネシウムなどをはじめ、あらゆる種類の微量ミネラルが不可欠です。これらのミネラルの中の一部でも不足すれば、免疫力の低下などの健康を害し病気にもなりやすくなります。「夏バテ」の防止だけでなく、質の高い健康を維持していくためにも、これらのミネラルは必須です。

先月はじめてご注文された方々 〜これからもよろしくお願い致します。
北海道/竹澤さま、利根川さま、中村さま、山口さま    秋田県/渡辺さま
宮城県/渡部さま    福島県/小柳さま、佐野さま    群馬県/岡田さま、佐藤さま
茨城県/神永さま、志田さま、鈴木さま、三井さま   
千葉県/稲葉さま、大木さま、折野さま、久慈さま、仲田さま、増田さま、谷萩さま   
埼玉県/栗田さま、高橋さま、仁平さま、蛭田さま、松浦さま、米島さま
東京都/阿久津さま、甲斐さま、黒澤さま、黒須さま、小暮さま、児玉さま、高野さま、藤原さま
神奈川県/浅野さま、池上さま、氏橋さま、木村さま、駿河さま、星野さま、山中さま
静岡県/丸山さま    愛知県/飯田さま 新潟県/堀川さま、森田さま
 ィゴールド会員になられた方々,  東京都/梅村さま, ィブロンズ会員になられた方々,  東京都/松崎さま   愛知県/鈴木さま   石川県/中川さま,   鳥取県/石賀さま 


☆☆塩素の水を飲んでいるお友達を救ってあげよう>
「サンゴの力」を教えてくださった方々
北海道/金田さま、工藤さま、境さま、嶋さま 青森県/葛西さま   福島県/斉藤さま
秋田県/木村さま、佐藤さま、渡辺さま   宮城県/鹿戸さま、沼田さま   栃木県/田嶋さま
茨城県/西山さま、舛水さま、山崎さま    千葉県/相澤さま、内山さま、鵜之沢さま、鹿島さま、金親さま、久慈さま、小出さま、鳥飼さま、古川さま、八島さま、若月さま
埼玉県/伊藤さま、葛西さま、鈴木さま、高橋さま、丸さま    東京都/田中さま、中上さま神奈川県/春日さま、下野さま、藤田さま 静岡県/長谷川さま    愛知県/岡本さま
新潟県/相場さま、森田さま    石川県/遠山さま    岐阜県/澤田さま   
大阪府/乾さま、井原さま、北城さま 兵庫県/清水さま
広島県/小田さま、佐藤さま    福岡県/谷さま、宮崎さま 熊本県/徳永さま

サンゴの力を教えてあげるのはとっても簡単!「サンゴの力・体験キット」をハガキか電話でお申し込みください。お友達に代金引換(1000円)で直接お届け致します。

「骨の健康セット」をお試しになった方々
北海道/鎌田さま 秋田県/泉さま 群馬県/横田さま 東京都/小島さま、中沢さま
茨城県/志田さま、鈴木さま、立花さま、宮部さま、渡辺さま 千葉県/稲葉さま、正田さま
埼玉県/高橋さま、福田さま、米島さま    神奈川県/春日さま    静岡県/長谷川さま
新潟県/田中さま、若林さま    福岡県/武石さま、松村さま

☆見て聞いて得する!健康セミナー(各地の開催予定)
■ 歯のセミナー「あなたの歯を一生守るために!」
9月5日(日),午後1:30〜3:30
 福岡市 アクロス福岡 501号室,(天神駅 徒歩2分)
■ 健康セミナー「4Lifeで体内を理想的な環境に!」
10月4日(月),午後1:30〜3:30
 三鷹市 たいへい三鷹ホール ,  (JR三鷹駅 南口駅前ネオシティ 8階)
■ 健康セミナー「4Lifeで体内を理想的な環境に!」
10月30日(土),午後1:30〜3:30
 さいたま市 ソニックシティ 802号室,  (JR大宮駅西口 徒歩5分)
●セミナー参加のお申し込みは、フリーダイヤル0120ー548224まで !

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ