ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」27号 2002年6月号

自分には・・・フォーライフ健康法?それとも、BOSSダイエット?

そらには、健康法とダイエット法があります(ご存知でしたか?)。
「わたしは、健康法をやったほうがいいんでしょうか? それともBOSSダイエットのほうがいいんでしょうか?」という質問がよくあります。「健康とダイエット」じつはこれ、まったく方向性が違うようにみえるけれど、目的はひとつなんです。
そこで今回は、「そういう方に、どちらを選択したらいいのか?」をテーマにおはなししたいと思います。 まずつぎの質問から・・・。

Q.健康法とダイエット法、
わたしはどちらをやったらいいのでしょうか?
目的はともかく「健康になる」ことなんです。その方にとって「不健康の原因はどちらなのか?」、それを効果的に取りのぞける方法を、まず選んだほうがいいでしょう。
例えば、血圧やコレステロール、中性脂肪、血糖値などが高いというのは肥満からおきている場合が多いのです。こういったケースには、体脂肪をきちんと落としたほうが改善されやすくなります。
BOSS法をやったほうがよさそうなときには、まず「ダイエットはできそうですか?」と尋ねることにしています。

Q.両方いっぺんにやってもいいですか?
一緒にやってもかまいません。ただ、慣れていないうちですと、考え方や、やり方がごちゃごちゃになって整理がつかなくなってしまう場合があります。それに両方の費用がいっぺんにかかります。
まず、自分にとって先にすべきなのはなんなのか?を決めてから実行したほうがいいと思います。また、興味があるほうから先に始めてもかまいません。 
「痩せる」ほうが先なら、BOSS法で体脂肪を落としてから、あとからフォーライフ健康法を組み合わせるなど・・・。いろいろな方法をとることができます。
まず、カウンセリングダイヤルに相談することをおすすめします。

Q.健康法もBOSS法もずっと続けなきゃいけないの?
病気も肥満も「現代の悪化した生活習慣や環境が原因になっている」と考えられます。 
フォーライフは体内に理想的な環境を保ち続け、現代病にならないようにするためのものであり、BOSS法は健康的で肥満のない体型を保つための理想的な食事方法になっています。
ですから、いまのご自分の生活状態を考えながら、上手く健康法やBOSS法を、ライフスタイルの中にとり入れていってください。
統計的に、今の日本人の7割が現代病で死亡し、3割が肥満を起こしています(中高年では、5割以上が肥満と推定されます)。
これからも、わたし達にとって、健康法やBOSS法を続けていくことは不可欠であると考えています。

Q.始めたいときは、どうしたらいいですか?
フォーライフもBOSS法も、トライアル(試してみるシステム)があります。 フォーライフは、ご本人からお申込みの電話が必要です。その中で使い方などカウンセラーからのいろいろなアドバイスがあります。とくに好転反応については、事前に理解しておいていただかなければなりません。その後、トライアルセットをお送りするようにします。
またBOSSダイエットは、まず最初に簡単なアンケートに答えていただきます。
お電話か、今回のそら通信に同封した「ピンク色の申込みハガキ」でお申し込みいただくと、すぐにアンケート用紙をお送りいたします。そちらに記入して、FAXか郵送してください。

「水太り」はない! 肥満するほど水分量は少ない

人の身体の60%は水!
人間の身体の60%が水分だとは驚きですね。まるで皮膚に包まれた内側は水が満ち満ちて、そこに胃袋とか心臓なんかがプカプカ浮いているようなイメージになっちゃいますね。体重60sのひとでは、36sもの水をたくわえていることになります。女性は体脂肪が多いので、そのぶん男性に比べて水分の割合が少なく、55%ぐらいです。
そして、こんなにも身体の中にたくさんある水も、すべて毎日の飲み水から補給されてるんです(食べ物からも補給されますが・・・)。いかに飲み水が重要か、っていうことなんですよね。
よく、「食べ物が一週間無くても生きていられるけど、三日水を飲まなかったら死んでしまう」といいますよね。わたしたちの生命にとっては、まず水がなによりも大切なんです。実際に水分の割合が40〜45%にまで落ちると、生命が維持できなくなります。

ほんとうに、水を飲むと太るのか?
「わたしって水を飲んでも太っちゃうのよね」というひとがいますが、そういうことはありえません。水のカロリーは0kcalです。それに体内を循環した後、ちゃんとオシッコや汗として排泄されますので、水をたくさん飲んだからって、貯まってしまうなんていうことは絶対にありません。
それどころか太ったひとのほうが、ぎゃくに水分の割合が少ないんです。脂肪が多くて、体内に水が蓄えにくく50%程度にも低下してしまうことがあります。だから「水太りなんてウソ!」です。
また太ってるひとは、もともと水分の割合が少ないのに発汗も多いなど、脱水の状態になりやすい体質です。これから暑い夏に向かっていきますので、太ったひとほど水分の補給には注意しなければいけませんよね!

水を飲むと痩せる?
サンゴの水のようにミネラル豊富な水をどんどん補給すると、代謝もよくなり汗をよくかくようになります。オシッコの回数も増えます。また、お通じが良くなって、宿便なんかが掃除できたりもするので、ともかく身体の中の老廃物が、どんどんと排泄されやすくなります。
サンゴの水を飲んだら、2〜3s体重が減った、なんて声も聞かれるんですよ! 宿便がとれたり、代謝が良くなったりしたせいかもしれませんね。よくダイエットでは、1日2リットル以上の水を飲むと効果的だといわれます。ただ、ちゃんと体脂肪なんかを落とすためには、やっぱりBOSS法をやらなきゃね。
 
人間、トシをとると“干からびる”
産まれたばかりの赤ちゃんは80%が水分なんだそうです。幼児になると70%。こどもの肌がプルプルとして“みずみずしい”というのは、なるほどこういうわけだったんだ!だけど、体内の水分量は年齢とともに減っていくんですね。成人になると60%、老人になると52〜55%にもなってしまう。老化というのは、“干からびていくこと”といわれますが、ほんとうなんですね。 老化しない、いつまでも若々しくしていたい、というためには水分の補給がともかく重要なんです。

7年目になった私の BOSSダイエット生活 ある1日
話題の「低インシュリンダイエット」とは?

朝8時半に出社。すぐに自分のパソコンの電源をオン。それから、おもむろに厨房へ・・・。
コップに半分の水を注ぐ(もちろんサンゴの水である)。そこにプロミクスの粉をサッと入れ、さらに残り半分の水を加えてから小型のフォークでシャカシャカと・・・。ある時、スプーンよりもフォークの方がくっつかなくて、ずっとかき混ぜやすいことを発見した。はじめにコップ半分の水というのも、コップの底に粉が残りにくいのだ。
さて、ココア味のその飲料を飲みながらパソコンのところへ戻ると、ちょうどウィンドウズの画面が立ち上がったところだ。次にメール用のアイコンをクリック。たまったメールの読み込みが始まる。
そのあい間を利用して、机上のマックスピアのビンをとる。そして、中にある錠剤をザッと手のひらへ・・・。濃い緑色をしたちょっと大きめの楕円形の粒が3つ、4つ。その数は適当だが、慣れっこになったせいかあまり気にならない。まとめて口にほうり込み、残ったプロミクスで一気に飲み込む。
これで私の朝食は終わり。おおかたの1日はこのようにして始まるのだ(ワイフにしてみれば、こういう夫は楽だろうね)。

ところで今日は、そろそろ「そら通信」の原稿を考えなければ・・・と、ノートパソコンを持参してそそくさと、いつもの近くのデニーズへと出かける。 
社内にいるよりも、どうもザワザワとした客の中に混ざっているほうが考えがまとまるのだ。コーヒーのお替わりが自由なのも気に入っている。

いつものように昼食もここで済ませることにした。メニューを見る・・・とはいっても注文の内容はほとんど代わり映えしない。本日も、コーヒー(0kcal)に八穀のブーランジェ・ジャム付き(200kcal)と有機野菜のスープ(70kcal)。 

「氷抜きの水も、ついでにもう一つお願いします」、とたのんだ相手は新顔のウェイトレス。それが、なじみのウェイトレスなら、なにも言わなくても“氷入り”と、“氷抜き”の2種類の水を最初から持ってきてくれるのだが・・・。
朝と同様に、“氷抜きの水”でプロミクスをつくる。ただしこのときには、コーヒーに付いてくるスプーンを使うので、かき混ぜるのに少々苦労する。
注文した食事よりも、まず先にプロミクスを飲む(80kcal)。栄養補給の上で、重要なのはプロミクスであって、この場合の昼食は残したってかまわない。
これが社内であれば、バナナ1本(80kcal)にプロミクスで済ませられるのだが・・・。デニーズでは朝から数時間もねばるのでそうもいかない。
かといって、1000kcalちかくにもなるハンバーグ定食なんかは絶対に口にする気がしない。“たっぷり好きなように食べられる夕食の楽しみ”が奪われてしまうからだ。

肥満は昼食でおきる・・・
食後には(とはいっても、ごらんのように私の昼食はたいしたことはないが・・・)、気分転換のつもりで、おもむろに周囲を見渡たす。わかり切ってはいるものの、他の客が何を注文しているか気にかかるのだ(よけいなことだが・・・)。当然だがハンバーグやステーキ定食のようなものが多い。それにフルーツパフェなんかをつけ加えている人もいる。
「ウォー、これじゃ、夕食は遠慮して食べるんだろうなぁ。かわいそうに」、または「これで、ちゃんと夕食とったらデブになっちゃうの当たり前だよ! わかってないんだな〜」と心の中でつぶやきながら、同情やら、ちょっとした優越感に浸るのだ。

午後3時になった。いよいよパソコンのバッテリーが少なくなってきた。そろそろ会社に戻る気持ちになって、支払いのお金を用意するために伝票を見る。合計850円也・・・。
「毎度のことながら5時間ちかくも居座って、少なすぎると思われないかなぁ?」、なんて多少の気恥ずかしさを伴いながらレジに向かった。

会社では、ちょうど3時のおやつどき。だいたいは和菓子が多い−大福1個食べたからって100kcal程度。ただしケーキは、その2、3倍のカロリーになる。 
今日は社内が忙しいようで、社員が買いにいけなかったらしい。お茶にキスチョコ3個(80kcal)が出た。

午後の3、4時頃は、ちょうど血糖値が下がる時間帯である。だから生理的にも空腹になるのが当然なのだ。“甘いもの”は、こうゆうときにこそ役に立つ。
お腹の空きやすさに対して、「胃が大きくなった、小さくなった」なんて言う人がいるが、それはとんでもない誤解である。食欲は、あくまで脳の指令によって引き起こされるからだ。
甘いものを食べると、短時間のうちにブドウ糖(血糖値)が増加する。それが満腹中枢を刺激したり、空腹中枢を抑制したりするので空腹が満たされる−たとえば糖尿病で一番恐いのは低血糖。だからアメ玉なんかをしゃぶって糖分をすばやく補給する。
「甘いものはすぐ太る」なんて短絡的に考えないで、むしろ、それを上手く使うことで肥満が防止できる。“3時のおやつ”というのは、とても理にかなった昔からの知恵なのだ。そこでBOSS法では、甘いものの正しい摂り方を教えている。

午後5時頃を過ぎると、ちゃんとお腹が空きはじめる。腹時計とはよくいったものだ。
BOSS法がなかった昔には、お腹が空く、すかないにかかわらず、時間がくれば食事を摂っていた(食べないと体に悪いと思っていたので・・・)。そしてよく、みそラーメンに餃子なんていう簡単なメニューで済ませることも多かった(夕食は太ると思っていたので・・・)−だが、いまより10s以上も肥満だった。

BOSS法は「1日1快食。夕食が最も大事だ」。だから、たとえ外食であっても、なるべくメニューの豊富なものにしたい。
「今日はどんなものを食べようか」なんて考えることも、またすごく楽しい。
仕事が忙しいこともあって、本日は、やっぱり外食となった。なじみの「中華料理の豊盛」に、新藤さんと二人で行く。
そこは上海からやってきた中国人夫婦がやっているとても小さなお店。比較的一品料理が多いのと、けっこう味も美味しい。しかも、たいへんに安いというのが魅力的だ。月に2、3回は行っているだろう。

さて、本日の夕食のメニューは・・・
1.紹興酒1合ビンを1本(だいたい食前酒がわりに飲む) 2.餃子1人前 3.ホイコーロ(豚肉とキャベツのみそ炒め)1人前−それらをまず注文。
会話をはずませながら食べているうちに料理が少なくなってきた。そして、つぎのメニューを追加する・・・。
4.マーボー豆腐1人前 5.ネギラーメン1人前 6.ご飯の大盛り1人前−1時間ちかくかけて、ゆっくり食べているうちにやっと満腹になってきた。
本日の夕食は以上で終了・・・。支払った金額は、しめて2900円也。でも、いつもの品数よりもかなり少な目。多い時にはピータン豆腐、大根の油炒め、トマトの卵炒め、なども加えて4000円ちかくになる。

夕食が少ないと、翌朝空腹に・・・
このぐらい食べると、翌日の朝は空腹がおきない。朝お腹が空くなんていうのは、もちろん習慣性もあるが夕食が足りなすぎるのだ。 人類進化の過程をみれば、夕食が基本だった。だから「夕食を制限する?」なんていう昨今の風潮はぜったいにおかしい。人間の自然の摂理にまったく反しているのだ(こんなことを言っているのは世界中のどこをみても、ほとんど日本だけではないかと思う)。

ところで、今日の夕食の総カロリーは、ざっと見積もって2300kcal程度。そして二人で分け合っているので、男の私のほうが多く食べていると仮定(本当かな?)しても、私個人の摂取カロリーは1200kcal程度になる。

1日の摂取カロリーの総合計・・・
さてさて、今日一日の摂取カロリーの総合計は(朝食80kcal、昼350kcal、おやつ80kcal、夕食1200kcal)で1710kcal となった。
男性で1日1800kcal(女性では1600kcal以下)を目安すにしておけば、中高年になっても、まず肥満がおきる危険性はない。

BOSSシステムの栄養補給は・・・ 私が日々実行しているBOSS法の一旦をお見せした。それは、ふつうに考えられていることとは、まったく逆のように思われるかもしれない。
しかし、BOSSシステム(食事法)は、現代環境において可能な限り、『人間が本来あるべき自然の食事形態』をつくりだそうとするものである−その詳細(=理論)については、紙面の関係上、また別の機会にお話ししたい。 
ところで今回は少なくとも、このことを強調しておきたいと思う−現代環境の中でBOSS法の実践者こそ、まさに正常な栄養補給をしているのだということを。

そらがダイエットを なぜ、扱うのか?

「なぜ(健康を問題している)そらで、ダイエットを扱っているのか?」という質問が時々くる。それはたぶん、ダイエットを美醜の問題だけで捉えていると、そういう質問になるのだろうと思う。
以下は、肥満を原因とした病気のリスク
(危険倍率)である。

「腰痛・膝痛17倍、脂肪肝8倍、糖尿病5倍、高脂血症5倍、高血圧症4倍、心臓疾患3.5倍、ガン(乳ガン・子宮ガン)2倍、不妊症2倍」

健康のためには、肥満を改善することのほうが、よっぽど早いケースが多くみられる。とくに中高年になるほど、その傾向が著しい。 「現代病をなくす」という目的のためには、結局、肥満の問題を避けてとおることはできないのである。

「低インシュリンダイエット」 について
「低インシュリンダイエット」という本がけっこう売れているようである。
GI値(グリセミック・インデックス:血糖上昇反応指数)という考え方が基本になっている。カロリーよりも食べ物の種類によって変わるGI値を問題にしている。GI値が高くなるほどインシュリンが多くでて、脂肪が付きやすくなるというのだ。
そこで、GI値の低いものを選んで食べるようにすれば太りにくい、ということになる。
たとえば、ご飯は白米よりも玄米がいい。同じパンでもフランスパンよりもライ麦パンを選ぶようにする。また、野菜ではジャガイモのGI値が高くて、ブロッコリーが低いなどがある。このように食材によってGI値が事細かに決められている。
「机上の空論」ということがある。この低インシュリンダイエットというのも、まさにそのようなものだ。
食材は、GI値をいちいち計算して選定するので、好きなものが食べられない。だいいち、人間というのはほとんど面倒くさがり屋にできている。こんなきちょうめんなことが長く続くわけがない。ストレスになることうけあいだ−ダイエットにはストレスが一番いけないのだが・・・。 本はよく売れた、話題にもなった。だが現実には、「誰も成功した者はいなかった」になるだろう。
巷のダイエットにはブーム的なものが多く、次々と現れては消えていく、というのが当たり前のようになっている。
しかし、肥満の解決には、結局は「王道を行く」しかないのである。そのいい例になりそうなので、あえて「低インシュリンダイエット」なるものをとりあげてみた。
【2002.5.12記 理博・永島昌和】


ご夫婦ともにBOSSダイエットに挑戦(田辺勝巳・瑞乃さん)

BOSS法の理論と結果に納得

40才すぎたら、体調も管理しなきゃいけない・・・
−以前からお二人ともダイエットしたいという気持ちがあったんですね?
奥 様
気にはなってたよね。
ご主人
だんだんズボンがきつくなってきて、ヒザも痛くなって、このままじゃやばいなあと。それで手軽にできるものなんかないかなあと、「減肥茶」をやったんですよ。(奥の方から現物を持ってきて見せてくれた。)
奥 様
コレ、ひどいめにあいましたよね。下痢して、熱まででて!
ご主人
新聞チラシですよ。なんかないかなあと思ってて、7500円で痩せるんならまあいいかなあと。それで取り寄せて飲み始めたんですけど、飲むとお腹が痛くなって、トイレへ・・・。
奥 様 絶対身体によくなさそうだったよね。

−学生時代は痩せてたんですか?
ご主人
う〜ん普通? いや痩せてたほうですよ。スキーやってましたし。
57sから59sぐらいのあいだで、ウエストも72pとかだったんですよ。だから、背広を買うのにズボンのほうをいっぱいつめるようだった。この教室始めた頃は62〜63sで、ちょっと太ったかなあ程度だったけど、ここ2、3年前で背広がきつくなって、とうとう67sになりウエストも82pに・・・。

−奥様もご主人の肥満が気になってたんですね?
奥 様
いやぁ毎日見てると、少しずつ太ったせいかそんなに気が付かなかったですね。(太った原因は)仕事から帰ってくるのが遅くて夕食が10時過ぎになるし、それに以前の10分の1くらいしか身体動かしてないんじゃないかなあ。
40才過ぎたら体調も管理しなきゃいけないなとは思ってたんですけど。自営業だと健康診断とか、血液検査もやらないでしょう、体重がどうのというよりも、血糖値とかそういうことを本当は心配しなくちゃいけないんですよね。

(ご主人)夕食もおいしい・・・結果も3ヶ月で7s減!
−田辺さんがうちのことを知ったのは、神田さんのご紹介ですよね(神田さんもボス法で11s痩せて、以前インタビューさせてもらった「19号に掲載」)。
BOSSダイエットをはじめるにあたって、不安はなかったですか?
ご主人
ええと、これ(減肥茶)でダマされたんで(笑)。だって返金もしてこないですから。チラシでは返品返金をうたってるのに。 電話すると留守番電話で返金請求を受け付けない。しょうがないから、内容証明送ったんですけど、なしのつぶてですね。
返品できないようになってるんですよ。うまいんですよ。「中国で金賞とってる」とかね。でも、今回のBOSS法は心配ってなかったですね。

−それはやっぱり、(紹介者の)神田さんの、いい結果を見ているからでしょうね?
ご主人 それは、そうです。

−BOSS法のやりかたを聞いたときには、抵抗はなかったですか?
ご主人
朝、プロミクスだけということだったんで、大丈夫なのかな?とは最初思いましたね。空腹感がでてしまって耐えられないのでは?と。
でもはじめの3日ぐらいでしたね。ちょっとお腹がすくかなあってかんじがしたのは。 1週間もしたら慣れちゃったんで。しかも夕食がおいしく食べられるので気に入りました。順調に結果もでて、3ヶ月で7s痩せ、ウエストも6p減りました。もうあと2sぐらい落としたいですね。

夫に効果がでたんでじゃ、わたしもと・・・
−奥様はどうでしたか? ご主人がはじめられたのをみて、ご自分もと?
奥 様
かなりタイム差があったよね。
女性にとってはダイエットは最大関心事ですからね。でも自分のまわりみても成功してるひといないし、雑誌でいろんなのみても、ダイエット、イコール胡散臭いみたいな気持ちでいたんです。
でも夫が1ヶ月で2〜3sくらい痩せたので、なるほど効果があるもんだなと思って。それに夫がこれからも続けていくっていうので、じゃあわたしも、ってことに。

−お友達もいろいろなダイエットされていると思いますが?
奥 様
結局、自己流っていうか、食べなかったりして・・・。痩せるっていうより、やつれているようにみえるんです。
素人考えでも、よくないなっていうのはわかりますよね。でも、「そら通信」を読んだとき、これは理にかなってるかなって印象があったんですね。

(奥様)実際、寝起きがよくなって体調も前よりいい体重は2ヶ月で3s減!
奥 様
いままでも朝いっぱい食べると身体が重いし、集中力も無くなるなっていうのは、経験的に感じてたんですよ。
BOSS法って、なるほどこれはいいかもって。プロミクスを飲めばきちんと栄養も摂れるわけだし、かえって健康にもなれるんじゃないかなと思いましたね。
実際、寝起きがよくなって、体調も前よりいいみたいです。 
花粉症もいつもより軽かったような気がしますよ。あと、肌の調子がとってもいいのでうれしいです! 体重は2ヶ月で3s減って、スッキリした気がしますね。
ふりかえってみてもそんなにつらくもなかったし、3sも痩せられると思ってなかったので満足です。

BOSSダイエットで使用する「プロミクス5」ってどんなものなの??

BOSS法で5s、10s痩せても、スタミナが落ちない、フラフラしない。顔もシワシワにならないどころか、かえってスベスベになっている。そんなすてきなダイエットには、「プロミクス5」がとても重要な役割を果たしています。

プロミクス1食分には こんなにも栄養が 入っていて
わずか 80kcal(ご飯1杯の1/2)
5つの栄養バランス・・・
1.良質な植物性タンパク質
2.サンゴカルシウム 300r
3.ヘム鉄 吸収のいいヘモグロビン鉄
4.ビタミン(A.B1.B2.B3.B5. B6.B12.C1.D3.E)
5.DNA(デオキシリボ核酸)

プロミクス1袋と同じ量のタンパク質を・・・
一般の食品で摂ろうとすると=こんなにもカロリーが高くなる>

やっぱり「プロミクス5」の一番のメリットは、良質な植物性タンパク質がしっかり摂れることです。タンパク質は身体をつくるための欠かせない栄養素で、とくに、その中の必須アミノ酸は体内で合成することができません。しかも、脂肪のように体内にたくわえておくことができないので毎日摂る必要があります。
ダイエットで、食事を制限して痩せようとすると、タンパク質が不足して筋肉や内臓組織をやせ衰えさせる原因になります。やつれたり、体調を崩したり・・・。体重が落ちても、かんじんの体脂肪はそのまま! 筋肉だけが減ってしまった! それがリバウンドをおこす原因にも・・・
ダイエットで大事なことは、摂取カロリーはおさえるけれども、タンパク質やビタミン、ミネラルを十分に摂らなければいけない、ということなのです。プロミクス1食で、ステーキ半分と同じ量のタンパク質が補給できます。

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ